Posted in 【経過期間投稿】 【銀行業界鳥瞰図】

「38年前の銀行業界」を振り返る ④ — 総資金利鞘は3分の1以下に…

やらねばならない分析作業、作成せねばならない新資料は山のようにある。そんなわけで、1983年3月期決算を振り返るのは今日で最後。 最終日は「利回り指標」の比較だ。1983年3月期は、貸出金利回り 7.96%、有価証券利回…

Posted in 【経過期間投稿】 【銀行業界鳥瞰図】

「北風(鞭)と太陽(飴)」—その配分とタイミングで政策の有効性は大きく変わる

1989年の5月に「銀行アナリスト稼業」を始めたので、今月でもう31年と6ヵ月もこの面倒な仕事を生業とした事になる。この間蓄積してきたデータは「膨大」だ。 Excel、Word、PowePoint、Access等のファイ…

Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 【長期統計業績動向】 【有価証券関連統計】

広義有価証券総資産構成比 比較(16年3月末 vs. 20年3月末)— 国内銀行のブタ積みの総資産構成比は19.5% マイナス金利政策導入後に5.4%ポイント上昇

今日は、ブタ積みを含む広義有価証券の総資産構成比資料を更新する。↓ PDF File: BEV-2020-0603 比較対象としたのは、狭義有価証券と同じく16年3月末。マイナス金利政策導入後の変化を把握するための資料だ…

Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 【預貸金関連統計】 【金利関連統計】

国内貸出業務の収益性動向分析(2019年11月版)— 地域銀行に下期に入ってちょっとだけ明るい兆しが…

これまで、新『銀行業界鳥瞰図』で配信してきた銀行マクロ統計関連の資料は、弊社(と言うか私が)定期的に更新を続けている資料の3分の1程に過ぎない。勿論、重要性の高い資料を優先して配信してきたので、お伝えしたい情報の総量から…

Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 【市場評価関連】

株式市場が評価するのは「収益力」か?それとも「健全性」か?

年初は銀行の2019年末の「市場評価関連資料」をしっかりとまとめて記録しておこうと決めていた。 これまで3日間続けて来たが、その間にも銀行業界のマクロ統計が続々と公表されている。もうこれ以上、市場評価関連に時間を掛けてい…

Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 【有価証券関連統計】 【講演関連情報】

有価証券運用はやはり大切だ!— ④マイナス金利政策導入後の有価証券ポートフォリオの変化

今週は一貫して有価証券のストック情報に基づいた分析資料を配信する。「有価証券運用はやはり大切だ!」シリーズの第4回目は「マイナス金利政策導入後の有価証券ポートフォリオの変化」を国内銀行、地域銀行、大手銀行と分けて示そうと…

Posted in 【銀行業界鳥瞰図】

国内貸出業務の収益性推移(2018年5月版)— 統合効果は▲2%台半ばで横ばい

講演定番資料のアップデートを続けたい。数量効果(貸出平残変化率)と価格効果(ストックベース貸出約定金利変化率)から、国内貸出業務の収益性状況を確認する資料である。 管理会計(原価計算)を囓った事のある方なら、数量効果と価…