Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 《Half-blue》

銀行の有価証券売買動向【外債編】(2018年6月版)— 1月~6月は▲6.4兆円と高水準の売り越しとなった

銀行の有価証券種類別売買動向、今日は「外国債券(中長期債)」編をお送りしよう。 実はこの資料、旧『銀行業界鳥瞰図』では未掲載であり、今年に入ってから講演コース「マーケット編」用のために使い始めたものだ。データは、財務省の…

Continue Reading...
Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 《Half-blue》

銀行の有価証券売買動向【国債編-地域銀行】(2018年7月版)— 1月~7月累計では長期債買い越し(+0.3兆円)、超長期・中期債は売り買い拮抗

銀行の「国債売買動向」、続いて「地域銀行編」をお送りする。グラフの構成は「都市銀行等版」と同じであり、集計対象が「地方銀行と第二地銀合算」に変わっただけである。都市銀行等版と同様、ボンヤリ眺めてもらえれば、それで十分だ。…

Continue Reading...
Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 《Half-blue》

銀行の有価証券売買動向【国債編-都市銀行等】(2018年7月版)— 1月~7月累計では中期債買い越し(+2.0兆円)、超長期債を売り越し(▲1.1兆円)

銀行の有価証券売買動向、今日から20日に日本証券業協会(JSDA)が発表した「公社債投資家別売買高」統計をベースに「国債売買動向」をアップデートしたいと思う。なお、国債売買動向については、旧『銀行業界鳥瞰図』のスタイルを…

Continue Reading...
Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 《Half-blue》

銀行の有価証券売買動向【BSPC編】(2018年7月版)— 1月~7月の買取実績は2017年通年を8割近く上回っている

銀行の有価証券売買動向、今日は、銀行等保有株式取得機構(Banks’ Shareholdings Purchase Corporation)編である。厳密には「BSPC特別勘定による買取実績」なので、売買ではなく「現物株…

Continue Reading...
Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 《Half-blue》

銀行の有価証券売買動向【現物株式編】(2018年7月版)— 月次ベースでは26ヶ月連続の売り越し

ペアサイトである『八ヶ岳稿房』の方で書いたが、今朝6時の八ヶ岳オフィスの外気温は12.7℃で「秋の気配」が漂い始めている(http://triglav-research.com/?p=23957)。室内気温は18.8℃と…

Continue Reading...
Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 《Half-blue》

銀行の有価証券売買動向【J-REIT編】(2018年7月版)— 2018年は売り先行の展開

銀行の有価証券売買動向、本日は「J-REIT編」である。こちらも『銀行業界鳥瞰図』掲載は、実に3年3ヵ月ぶりなので、昨日のETF編と同じように暦年統計版も付す事とした。 PDF File:BEV-2018-0816 J-…

Continue Reading...
Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 《Half-blue》

銀行の有価証券売買動向【ETF編】(2018年7月版)— 4年連続の売り越し&売買額減少を経て…

八ヶ岳での「4日間の完全休暇(夏休み)」に癒やされて(http://triglav-research.com/?p=23925)、漸く、仕事に対する意欲が回復してきた。 私の夏休みなどには関係なく、銀行関係の各種マクロ統…

Continue Reading...
Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 《定番資料群》 【講演関連情報】

銀行株の立ち位置を知る 【2018年7月版】② 「債券の時代終焉」以降の動き(2016年6月末基準版)

同一のシンプルなデータセットであっても、ちょっと切り口や見方を変えてグラフを描き直すと、まったく異なったメッセージを発してくれることが多々ある。特に、長期間に亘る価格推移グラフは、指数値の基準日を変更する事によってイメー…

Continue Reading...
Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 《定番資料群》

銀行株の立ち位置を知る 【2018年7月版】① リーマン・ショック直後からの動き(2008年9月末基準版)

2008年9月15日から、もうすぐ10年になろうとしている。この日は、金融業界に係わる人間であれば忘れることの出来ない米投資銀行「Lehman Brothers」が経営破綻した日だ。私にとっては、さらに複雑な思いが詰まっ…

Continue Reading...
Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 【講演関連情報】

弊社新講演体系のご案内 ②『銀行業界鳥瞰図』は弊社情報発信体制の「土台」である

弊社の新講演(情報発信)体系の「土台(根幹)」を成すのは『銀行業界鳥瞰図』である。当Webレポートに加え、従来の最もポピュラーだった講演コース(包括コース)も新たに『銀行業界鳥瞰図』コースと名称変更したため、5層構造の講…

Continue Reading...
Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 【講演関連情報】

弊社新講演体系のご案内 ①5層から成る新たな情報発信体系

今日は8月1日。弊社の情報発信を銀行関連事業のための当『銀行業界鳥瞰図(銀鳥)』と将来の富士見事業のための『八ヶ岳稿房(八稿)http://triglav-research.com/』によるペア運営体制に移行して2ヵ月目…

Continue Reading...
Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 銀行村四方山話

7月の講演活動を終えて — 「西高東低」脱却への期待

昨日の東京での仕事をもって7月の弊社業務を一足早く終了した。暑い中、本当によく頑張った自分を褒めてあげたい(誰も褒めてくれないから…) 7月は、某銀行協会主催で、経営戦略を担当する専務さん・常務さん向け講演を…

Continue Reading...
Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 銀行村四方山話

相変わらず「銀行株」の動きって、わかりやすいな…

今週は出張の連続なのに、そういう多忙な時に限って「突発的」な案件やトラブルが舞い込んでくる。先週の金曜日朝、八ヶ岳オフィスから川崎自宅に戻ってからは、そんな「緊急対応」に忙殺されてしまった。 最近は「株主資本コスト」に関…

Continue Reading...
Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 【隣の金融機関】

【隣の金融機関】青森銀行、山口FG、琉球銀行を掲載しました

週刊「金融財政事情」7月16日号に掲載された【隣の金融機関】青森銀行を『銀行業界鳥瞰図』の隣の金融機関コーナーに掲載しました(https://triglav-research.biz/?page_id=23757)。 ま…

Continue Reading...
Posted in 【銀行業界鳥瞰図】 《定番資料群》

貸出利率7%以上貸出残高の動向(2018年5月版)— カードローン残高増加額急減の背景を読む

銀行のカードローン残高動向を把握するにはいくつかの手法がある。昨日紹介した日銀の「個人向け貸出金」統計を用いるのが最も確実だが、残念ながら四半期統計である。 月次統計では、昨年10月から全国銀行協会(以下、全銀協)が、昨…

Continue Reading...