激動の2020年を振り返って⑪—「J-REIT」3月と9月に大幅な売り越し

続いて「J-REIT」。これについては、「3月と9月の大幅売り越し」が目立つ。

左グラフを見ただけで、今年3月の売買額がいかに大きかったかが確認できるだろう。

3月は「買い金額」「売り金額「売り越し額」のすべてで「過去最高」と書きかけたところで、「売り越し額」では、9月の543億円が最高額である事に気が付いた

9月は「利食い」の動きが中心であったろうが、3月については「ロスカット」も少なからずあったように思う。

J-REITは値動きが激しいがゆえに、今後も3月と9月の決算月には特徴的な動きを見せるのだろう。

—1000号まで残り6本