銀行マクロ統計在庫一掃処分祭 ⑪— 3主体すべてで安定的減少傾向継続

「預金Day]の最後は「定期性預金の預入主体別動向」である。↓

PDF File: BEV-2020-0720-3

ポイントは、3主体すべてで前年同月比減少が継続しており、減少額については大きな変化はない事だ。

貸出については「設備資金」、預金については「定期性」は、足元、COVID-19パンデミックの影響が顕在化していないと言い得るだろう。