銀行マクロ統計在庫一掃処分祭 ⑩ 5月は要求払預金全体で前年同月比71.3兆円増 一般公金預金全体の増加額を4.3兆円上回った

「預金Day」は続いて「要求払預金の預入主体別動向」を配信する。↓

PDF File: BEV-2020-0720-2

ポイントは、

①5月の一般公金預金全体の前年度委月比増加額は67.0兆円であったが、「要求払預金」の増加額はそれを上回る71.3兆円に達した。
②内訳は、「一般法人」が38.7兆円(+19.8%)、「個人」が23.5兆円(+8.1%)、「公金」が9.0兆円(+44.6%)。
3主体共に、1998年4月の現行統計公表以来の増加率ピークには及ばないが、リーマン・ショック後(2008年9月末以降)の期間では増加率は最高水準である。
④ちなみに、5月末の要求払預金の一般公金預金全体に占める割合は70.5%。4月末に70.0%と初めて70%を突破したが、5月はさらに上昇。勿論、過去最高水準を更新中である。

「貸出金は運転資金、預金は要求払が一気に積み上がり、預貸ギャップは急拡大中」というのが足元の国内銀行の実態である。

以上