銀行マクロ統計在庫一掃処分祭 ⑨ 5月は一般法人、個人、公金がすべて大幅増 一般公金預金は初の800兆円突破

銀行マクロ統計在庫一掃処分祭は、今日は「預金Day」。まずは「総預金の預入主体別統計」から配信しよう。↓

PDF File: BEV-2020-0720-1

ポイントは、

①4月から「一般法人預金」の急増という形でグラフ形状を大きく変えたが、5月に関しては3預入主体すべてで大幅増加となった。
②具体的には、前年同月比で「一般法人」が38.6兆円(+15.0%)、「個人」が20.0兆円(+4.3%)、「公金」が8.4兆円(+31.4%)の増加。
③一般公金預金合計では820.3兆円と初めて800兆円を突破した。
④1998年4月の現行統計公表開始後の期間においては、既に「一般法人」と「公金」は、既に過去最高の増加率を達成、「個人」も過去のピーク(2002年3月+5.2%)に迫る勢いだ。
⑤「公金」については国からの交付金、「個人」については地公体からの給付金が支給され、それが滞留している結果、預金の大幅増を引き起こしたものと推定される。

プレス等は「貸出増加」をメインに報道しているが、私個人としては、爆発的な預金増加にむしろ圧倒される

以上